(総合演習のホームページへ)

お知らせ

総合演習の発表会について

9月16日(金)(一部の受講者については 9月20日(火) や 9月28日(水))に 総合実習の発表会を行います。

この発表会で発表を行わないと「総合演習」の単位は認定されません。 発表会で発表をするために、まず、総合演習の「個人ページ」で 7月25日(月) までに エントリーを済ませておく必要があります。

各受講者の「個人ページ」にアクセスするためには、 瀬田学舎の情報処理実習室(セルフラーニング室など)の Windows 環境で、 次のファイルをダブルクリックしてください。

R:\a89023\総合演習個人ページ\あなたのユーザーID.html

このファイルは、「マイコンピュータ」→「's1-file' の class$ (R:)」 →「a89023」→「総合演習個人ページ」とたどれば見つかるはずです。 個人ページに素早くアクセスするために、自分のデスクトップにこのファイルを コピーしておくことをおすすめします。 また、このファイルを自宅のパソコン等にコピーすれば、 自宅からでも個人ページにアクセスすることができます。

発表会での発表について

発表会での発表に関する概要は次の通りです。 各受講者の発表会場や発表の開始時刻は個人ページを参照してください。

発表会場
3-104 講義室および 3-105 講義室
発表時間
1人7分間
発表方法
MS PowerPoint を使った口頭発表 -- 講義室備え付けの PC を使用します
発表内容
自己分析と業界研究の成果に基づいた、 あなたの卒業後の進路選択について
  • 企業への就職を考えている人は、 自分が就職したいと思う企業を挙げて、 自己分析の結果と業界研究や企業研究の成果に基づき、 あなたがその企業を選んだ理由、その企業でどのような仕事がしたいのか、どうすれば あなたが採用されると考えられるのかが分かるように発表してください。

  • 起業したいと思っている人は、自己分析と業界研究の成果に基づき、 なぜ起業したいのか、自分の起業プランはどのようなものか、 なぜそれでうまく行くと考えられるのかが分かるように発表してください。 家業を継ぎたいと考えている人も同様です。

  • 公務員や教員になりたいと思っている人は、 自己分析の結果や、希望する仕事の内容、 各県や市町村などの採用状況、求人倍率の動向、 具体的な選考過程や採用試験の内容などを調べた結果に基づき、 なぜその道を選ぶのか、どうすればめでたく採用されると考えているのかが 分かるように発表してください。

  • 大学院等に進学したいと考えている人も、大学院を卒業した後の進路について 同様に発表してください。

発表の評価方法

あなたの発表は次のような観点から複数の教員によって評価されます。 十分な評価が得られなかった場合は不合格となります。

  1. 与えられた7分間の時間を有効に使えたか?
  2. 発表の準備(練習など)は十分だったか?
  3. PowerPoint のスライドは効果的だったか?
  4. 自己分析の結果が盛り込まれていたか?
  5. 業界研究や企業研究の結果が盛り込まれていたか?
  6. 客観的なデータに基づいていたか?

発表会までにやるべきこと

7月25日(月)までに
総合演習の個人ページで発表会へのエントリーを済ませてください。 発表会の時間割は8月1日(月)に 各受講者の個人ページでお知らせします。
9月上旬までに
自己分析、業界研究、企業研究を行い、発表会で使用する PowerPoint のスライドを作成してください。 「数理情報演習」の担当教員が相談にのってくれます。
9月13日(火)までに
発表のタイトルを決めて 総合演習の個人ページで登録して下さい。
9月15日(木)までに
発表会で使用する PowerPoint のスライドを、 瀬田学舎の情報処理自習室の次のフォルダにコピーしておいてください。
R:\a89023\総合演習スライド\あなたのユーザーID
このフォルダのスライドを使って発表を行っていただきます。 9月16日(金)になると、このフォルダのスライドを変更することはできなくなります。
発表会当日までに
十分に発表練習をして、自分の持ち時間(7分間)で説得力のある発表が できるようにしておいてください。

発表準備の教員サポートについて

業界研究や企業研究を行ったり、スライドや話の流れを考えたりする際には、 「数理情報演習」の担当教員が相談にのってくれますので、 遠慮せず協力を要請してください。

スライドに動画や音を含めるなど、ちょっと変わったことがしたかったら

発表会場の PC の Windows 環境と、情報処理実習室の Windows 環境は 同じものではありませんので、作成したスライドが 全く同じように動くかどうかは分かりません。 ちょっと変わったことがしたい場合は、事前に中野に相談してください。 期待通りに動くかどうか、事前に試してみる機会を設けたいと思います。

発表会に関して何か分からないことがあったら

発表会に関する質問・相談は1-507研究室の中野 <email> までお願いします。

以上です。