ファイルとディレクトリ

ファイル

コンピュータの記憶装置に格納されたプログラムやデータ等のまとまりの 一つ一つを「ファイル」と呼びます。 C のソースプログラムや、それをコンパイルしてできたオブジェクトプログラム もそれぞれ一つのファイルです。

ディレクトリ

ファイルにはそれぞれ名前をつけることができ、 この名前で個々のファイルを識別することができるようになっていますが、 たくさんのファイルを名前だけで区別するのは大変です。 そこで「ディレクトリ」と呼ばれるファイルの入れ物を作って、 そこにファイルを分類して置いておくことができるようになっています。 ディレクトリは「フォルダ」と呼ばれることもあります。

ディレクトリにも名前をつけることができ、 ファイルと同様に(別の)あるディレクトリの中に置かれます。 一つのディレクトリに対して、そのディレクトリが置かれているディレクトリの ことを「親ディレクトリ」と呼びます。 また逆に、一つのディレクトリに対して、そのディレクトリに置かれているディレクトリ のことを「子ディレクトリ」と呼びます。 一つのディレクトリの子ディレクトリは複数ある場合もありますし、 まったく無い場合もあります。

ルートディレクトリ

Linux システムには「ルートディレクトリ」と呼ばれるディレクトリがあって、 これがすべてのファイルやディレクトリの祖先になっています。 ルートディレクトリにはいくつかの子ディレクトリがあり、それらの ディレクトリには、またそれぞれ子ディレクトリがあって ... というように、 コンピュータの中のディレクトリは階層構造をなしています。 すべてのファイルは、これらのディレクトリのいずれかに置かれます。 置かれるディレクトリが異れば、同じ名前のファイルを作ることもできます。

ホームディレクトリ

Linux システム使うユーザーには、それぞれ、ホームディレクトリと呼ばれる そのユーザー専用のディレクトリが割り当てられています。 各ユーザーはそれぞれ自分のホームディレクトリにファイルを置くことが できます。 また、自分のホームディレクトリの子ディレクトリを作って そこに自分のファイルを置くこともできます。 もちろん子ディレクトリにさらに子ディレクトリを作って ... というようなことも可能です。

カレントディレクトリ

Linux システムでのコマンド(プログラム)の実行は、 どこか一つのディレクトリの中で行われます。 このディレクトリのことを「カレントディレクトリ」と呼びます。 「カレントディレクトリ」はどんどん変更して行くことが可能です。

たとえば Linux システム上で、 パネルの を クリックして端末ウィンドウを 開いた状態では、カレントディレクトリは各ユーザーの ホームディレクトリになっており、 その端末ウィンドウで実行されるコマンドは、 すべてこのホームディレクトリで実行されます。 cd コマンド を実行することで カレントディレクトリを変えることができます。

パス名

コンピュータの記憶装置に格納された すべてのファイルやディレクトリは「パス名」と呼ばれる書き方で 特定できるようになっています。 パス名には「絶対パス名」と呼ばれる書き方と、 「相対パス名」と呼ばれる書き方があります。 これは Windows でも Linux でも同じです。 以下は、Linux システムでのパス名についての説明です。 絶対パス名や相対パス名の「/」で区切られた構成要素として、「.」や「. .」を 使うこともできます。 「.」は、そのディレクトリ自身を、「. .」は、そのディレクトリの親ディレクトリ を表します。 たとえば、カレントディレクトリの絶対パス名が /usr である場合、 次の7つのパス名はすべて同じファイルを指します。